古生物学を学べる大学−古生物の部屋

古生物学を学べる大学

「古生物学を専攻したいけど,どこで古生物学を学べるかわからない!」といった方のために古生物学が学べる大学のリストを作ってみました.

リストから漏れていたり,間違いを見つけた場合,お手数ですが,こちらまでご連絡ください.

古生物学という学問は地質学,地球科学に組み込まれていることが多いですが,生物学と一緒になっている場合もあります.また,一般教養科目として開講されていることもあります.

古生物系で大学や大学院に進学する場合は,単に「古生物学」の講義を聞きたいのか,「古生物学」分野を学部の研究テーマとして選びたいのか,古生物学者を目指したいのか,によっておのずと進学先が限られてきます.

また人事異動や定年などで古生物系教員がいなくなっている(いなくなる)場合があります.受験生は事前に必ず自分で調べ,教員とコンタクトをとるようにしてください.特に大学院受験においては,受験前に教員と相談し,自分の目指す研究や分野と教員の興味が合致するか確認しましょう.研究テーマうんぬんの前に教員との相性が一番大事な気もします・・・・.

北海道・東北地方

北海道大学大学院理学院自然史科学専攻地球惑星システム講座

地球システム進化研究グループに鈴木先生,沢田先生,渡邊先生がおり,有機物や生体鉱物をターゲットにして(古)生物生態や環境変遷などの研究が行えます.
アンモナイトやベレムナイトなどの生物進化,白亜紀などの古環境を研究している伊庭靖弘先生がいます.

博物館に恐竜研究を推進している小林先生がおります.

北海道教育大学札幌校教員養成課程理科グループ(理科教育)

教員希望者向け.鈴木明彦先生は軟体動物専門.

北海道教育大学釧路校

新生代軟体動物化石の分類が専門の松原先生がいらっしゃいます.

東北大学理学部地球科学系 大学院理学研究科地学専攻

古環境変動学グループは,微化石やサンゴ化石などを利用して,過去の地球環境の復元を行っています.西先生が微化石,中森先生がサンゴ礁,高嶋先生が層序学.井龍先生と高柳先生はサンゴなどを利用した環境復元を行っています.

生物事変・生物進化学グループは,大量絶滅事変や生物そのものの進化過程などについて研究しています.海保先生が大量絶滅事変などnの研究を行っている.

佐々木理先生は有孔虫を研究していますが,マイクロX線CTを使っておられます.

山形大学理学部地球環境学科 大学院理工学研究科地球環境学専攻

丸山先生が珪藻化石を,本山先生が放散虫化石を用いて古環境の解析を行っています.

関東地方

東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻理学部地球環境学科

私が終了したところ(修士と博士).古生物系教員として遠藤一佳先生(分子進化学,腕足動物,殻形成メカニズム),佐々木先生(軟体動物の分類,殻形成;博物館所属),對比地先生(恐竜などの脊椎動物の形態解析,進化)がおられる.

東京大学大学院総合文化研究科広域科学科自然体系学大講座,教養学部広域科学科

生物大量絶滅事変などの地球史上のイベントを特に取り扱っている(磯崎先生と角和先生).野外と室内をバランス良く組み合わせた研究ができると思われる.

東京大学大学院生物学科,生物科学専攻(大学院)

遠藤秀紀先生(哺乳類),小薮大輔先生(ヒトを含む哺乳類),諏訪元先生(人類学)がおられる.現生を中心としつつも化石を含めた進化形態学が学べると思う.

さらに,国立科学博物館の加瀬先生(軟体動物学),東大大気海洋研究所の狩野先生(分子と形態から見た腹足類の進化),中央大学の西田先生(古植物学))などの方々も連携教員になっている.

東京学芸大学教育系および自然科学系広域自然科学宇宙地球科学分野

教育系には松川先生(中生代無脊椎動物,脊椎動物学)が,自然科学系には高橋先生(微古生物学)と佐藤たまき先生(中生代海棲は虫類)がおられる.

早稲田大学教育学部理学科地球環境専修,大学院創造理工学研究科地球・環境資源理工学専攻

学部は教育学部だが,大学院では創造理工学研究科に移る.アンモナイトや微化石,堆積性有機物を利用した白亜紀の生物の古生態や環境復元の研究ができる.

国際教養学部にはカメがご専門の平山先生がおられる.

筑波大学生命環境学群地球学類 生物圏変遷科学分野(地史学・古生物学分野)

微古生物学,層序が中心.指田先生(微古生物学),上松先生(コノドント,層序).

横浜国立大学教育人間学部自然環境講座地学教室

古生物系教員として間嶋先生(メタン湧水,古環境変動,化学合成群集,軟体動物),河潟先生(有孔虫,微古生物学,古環境),和仁先生(アンモナイト,オウムガイ,白亜紀層序,タフォノミー)がおります.間嶋研究室は厳しいですが,その分,間違いなく力はつきます.学生達の雰囲気も良く,おすすめできる研究室です.ここ最近の間島研は化石よりは地質や古環境学の研究をしていますので,化石を研究したい場合は教員に強く希望を伝えるのが良いです.間嶋研究室のページはこちら.私はポスドク時代に間嶋研に所属していました.

千葉大学理学部地球科学科地史古生物学研究室

小竹先生(生痕化石),亀尾先生(ナンノプランクトン,微生物学),松本先生(古植物学)がおります.

千葉大学園芸学部緑地環境学科緑地科学プログラム

百原新先生(大型植物化石)がおられる.植物化石から古生態や古環境の復元を行っておられる.

茨城大学理学部地球環境科学コース

堆積学と古生物学を組み合わせて層序学や堆積盆の変遷と古生物の応答などを研究している安藤先生がおられる.

神奈川大学理学部生物科学科 大学院理学研究科生物科学専攻

生物学科ではあるが古生物系教員として,金沢先生(ウニを中心とした古生態学)や山口先生(フジツボの分子古生物学)がおられる.

東京都市大学知識工学部自然科学科

常勤の古生物教員はいないが,非常勤講師に古生物教員がいる(2010年度までは私),2011年度以降は非常勤で,犬塚先生(古脊椎動物学,パレオパラドキシア)と国府田先生(古脊椎動物学)がおられる.地球科学系は萩谷先生(岩石学,特に変成岩)が常勤でおられる.

日本大学文理学部地球システム科学科

中尾先生(貝形虫)がおられる.講義では非常勤講師として国立科学博物館の真鍋先生も教えておられるとのこと.

中部・東海地方

静岡大学理学部地球科学科および教育学部

若手古生物系教員が多く活気があるように思う.教官の数も多い.地球科学科では環境変動と生物応答,微古生物学,古生態学分野などと非常に幅が広い(塚越先生,北村先生,鈴木先生,佐藤先生,池田先生).教育学部の理科専修(延原先生;軟体動物,古生態)でも古生物学を学べる.

名古屋大学大学院環境学研究科地球環境科学専攻生物圏進化学グループ

スタッフが多い.軟体動物や棘皮動物,脊椎動物,珪藻と,分類群もテーマもいろいろ.大路先生(棘皮動物,カンブリア紀,捕食・被食の進化.博物館所属),氏原先生(プカプカ(浮遊性巻貝のこと)),須藤先生(珪藻,地球環境),林先生(軟体動物の系統),藤原先生(動物の筋骨格,古脊椎動物;博物館所属)

信州大学理学部地質科学科

微古生物学(貝形虫;石田先生

愛知教育大学地学教室

どうやら古脊椎動物を研究できるらしいが,私は面識がないので詳細不明.

上越教育大学理科分野

第三紀〜第四紀の軟体動物化石の古生態や群集構造の変遷などについて(天野先生)研究できる.

金沢大学理工学域自然システム学類地球学コース(学部) 自然科学研究科自然システム学専攻地球環境学コース

介形虫を用いた古環境解析や進化の研究(神谷先生),有孔虫などを用いた地球環境変動の研究(長谷川先生),メタン湧水生態系の進化研究(私.ロバロバ研究室)ができる.学生,大募集です!!

新潟大学理学部地質科学科 大学院自然科学研究科環境学専攻

微化石が強い!松岡先生(放散虫,アンモナイト),栗田先生(渦鞭毛藻),栗原先生(放散虫)など.

京都大学霊長類研究所

ほ乳類化石の研究が可能です(霊長類の他にも,霊長類が産出する(可能性のある)堆積層はすべて研究対象とのことです).高井正成先生(古霊長類学),西村剛先生(准教授、霊長類形態学),江木直子先生(助教、機能形態学、食肉類化石)がおられます.

なお,霊長類研究所は愛知県犬山市にあります.

近畿地方

京都大学大学院理学研究科地球惑星科学専攻

脊椎動物(ほ乳類や鳥類など)の研究ができます(松岡先生).堆積分野の成瀬先生の元でも古生物を学べるかと思います.

※京都大学霊長類研究所は東海地方欄をご覧ください.

大阪市立大学理学部地球学科大学院理研究科生物地球系 地球史学研究室

放散虫と刺胞動物(サンゴなど)を専門とする教員2名がいる.主として古生代の微古生物学や礁形成プロセスの研究などを行っているようだ.

三重大学教育学部・大学院教育学研究科

軟体動物の分類がご専門の栗原先生がおられる.

中国・四国地方

高知大学理学部自然史環境科学科地球史環境科学コース

軟体動物学の近藤先生,微古生物学の岩井先生,生痕化石の奈良先生がおられる.

愛媛大学理学部地球科学科

アンモナイトを利用した理論形態学(岡本先生),微化石を利用した古環境解析(堀先生),中生代の哺乳類(楠橋先生)などを学ぶことができる.

山口大学理学部地球圏システム科学科

いくぶん堆積学よりであるように思われるが古生物学も学べるようである.

兵庫教育大学自然系コース

放散虫を扱った層序学などを学べると思われる.

島根大学総合理工学部地球環境資源学科

微古生物学を専門とする教員が数名いる.

鳴門教育大学自然系コース

二枚貝がご専門の香西先生がおられる.2013年4月からはサンゴ研究者の足立先生が加わる.

岡山理科大学生物地球学部生物地球学科

2012年4月に誕生した学科ですが,2014年4月からはさらに恐竜・古生物学コースが誕生するとのこと.

教員などは不明です.林原自然科学博物館と連携を図るらしいです.

九州・沖縄地方

九州大学大学院理学部地球惑星科学科,理学府地球惑星科学専攻

地球進化史研究室,古環境学研究室,地球惑星博物学研究室にそれぞれ古生物系の教員がいる(佐野先生,岡崎先生,下山先生,前田先生).前田先生はアンモナイトがご専門.

熊本大学理学部,大学院自然科学研究科

有孔虫解析による環境変動(長谷川先生,秋元先生)や中生代軟体動物(小松先生)の研究が可能.また,サンゴなどの礁性石灰岩についての研究も可能である.

鹿児島大学理学部地球環境科学科

古脊椎動物を研究している仲谷先生がおられる.

福岡大学理学部地球圏科学科

微化石やサンゴ化石を用いた環境変動(上野先生,杉原先生)),古脊椎動物学(田上先生)の研究などを行っている.

琉球大学教育学部

貝形虫がご専門の田吹先生がおられる.